Publications

My research interest lies in following topics: efficient inference for automatic summarization, sentence ordering, discourse generation, automatic readability evaluation for written documents. Some papers are written in Japanese for Japanese domestic conferences or transactions; hence, the following list contains Japanese characters. My Google Scholar profile approximates the following list quite accurately.

International Conferences and Workshops (refereed)

  1. Takenobu Tokunaga, Hitoshi Nishikawa, and Tomoya Iwakura. An Eye-Tracking Study of Named Entity Annotation. In Proc. of the 11th Biennial Recent Advances in Natural Language Processing Conference (RANLP), pp. xx-xx, 2017.
  2. Daiki Gotou, Hitoshi Nishikawa, and Takenobu Tokunaga. An Extension of ISO-Space for Annotating Object Direction. In Proc. of the 12th Workshop on Asian Language Resources (ALR), pp. 1-9, 2016.
  3. Ryosuke Maki, Hitoshi Nishikawa, and Takenobu Tokunaga. Parameter Estimation of Japanese Predicate Argument Structure Analysis Model using Eye Gaze Information. In Proc. of the 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING) (poster), pp. 2861-2869, 2016.
  4. Yuni Susanti, Hitoshi Nishikawa, Takenobu Tokunaga, and Hiroyuki Obari. Item Difficulty Analysis of the English Vocabulary Questions. In Proc. of the 8th International Conference on Computer Supported Education (CSEDU), pp. 267-274, 2016.
  5. Sawa Korogi, Akisato Kimura, Hiroyuki Fujishiro, and Hitoshi Nishikawa. Identifying Attractive News Headlines for Social Media. In Proc. of the 24th ACM International Conference on Information and Knowledge Management (CIKM), pp. 1859-1862, 2015.
  6. Hitoshi Nishikawa, Kazuho Arita, Katsumi Tanaka, Tsutomu Hirao, Toshiro Makino, and Yoshihiro Matsuo. Learning to Generate Coherent Summary with Discriminative Hidden Semi-Markov Model. In Proc. of the 25th International Conference on Computational Linguistics (COLING), pp. 1648-1659, 2014.
  7. Hitoshi Nishikawa, Toshiro Makino, and Yoshihiro Matsuo. A Pilot Study of Readability Prediction with Reading Time. In Proc. of the 2nd Workshop on Predicting and Improving Text Readability for Target Reader Populations (PITR), pp. 69-75, 2013.
  8. Hitoshi Nishikawa, Tsutomu Hirao, Toshiro Makino, and Yoshihiro Matsuo. Text Summarization Model based on Redundancy-Constrained Knapsack Problem. In Proc. of the 24th International Conference on Computational Linguistics (COLING) (short paper), pp. 893-902, 2012.
  9. Hitoshi Nishikawa, Toshiro Makino, and Yoshihiro Matsuo. Domain Adaptation with Augmented Space Method for Multi-Domain Contact Center Dialogue Summarization. In Proc. of the Symposium on Machine Learning in Speech and Language Processing (MLSLP), pp. 5-8, 2012.
  10. Kenji Imamura, Kuniko Saito, Kugatsu Sadamitsu, and Hitoshi Nishikawa. Grammar Error Correction Using Pseudo-Error Sentences and Domain Adaptation. In Proc. of the 49th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL) (short paper), pp. 388-392,  2012.
  11. Ryuichiro Higashinaka, Yasuhiro Minami, Hitoshi Nishikawa, Kohji Dohsaka,Toyomi Meguro, Satoshi Kobashikawa, Hirokazu Masataki, Osamu Yoshioka, Satoshi Takahashi, and Genichiro Kikui. Improving HMM-based Extractive Summarization for Multi-Domain Contact Center Dialogues. In Proc. of the IEEE Workshop on Spoken Language Technology (SLT), pp. 61-66, 2010.
  12. Ryuichiro Higashinaka, Yasuhiro Minami, Hitoshi Nishikawa, Kohji Dohsaka, Toyomi Meguro, Satoshi Takahashi, and Genichiro Kikui. Learning to Model Domain-Specific Utterance Sequences for Extractive Summarization of Contact Center Dialogues. In Proc. of the 23rd International Conference on Computational Linguistics (COLING) (poster), pp. 400-408 , 2010.
  13. Hitoshi Nishikawa, Takaaki Hasegawa, Yoshihiro Matsuo, and Genichiro Kikui. Opinion Summarization with Integer Linear Programming for Sentence Extraction and Ordering. In Proc. of the 23rd International Conference on Computational Linguisitcs (COLING) (poster), pp. 910-918, 2010.
  14. Hitoshi Nishikawa, Takaaki Hasegawa, Yoshihiro Matsuo, and Genichiro Kikui. Optimizing Informativeness and Readability for Sentiment Summarization. In Proc. of the 48th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL) (short paper), pp. 325-330, 2010.

International Journals (refereed)

  1. Yuni Susanti, Takenobu Tokunaga, Hitoshi Nishikawa, Hiroyuki Obari. Evaluation of Automatically Generated English Vocabulary Questions. Research and Practice in Technology Enhanced Learning, Vol. 12, No. 11, pp. -, Mar. 2017.

Domestic Journals (refereed)

  1. 木村昭悟, 興梠紗和, 藤代裕之, 西川仁. SNS上での拡散を誘発するwebニュース説明文の調査と自動選択. 電子情報通信学会和文論文誌D, Vol. J99-D, No. 4, pp. 403-414, 2016年4月.
  2. 西川仁, 有田一穂, 田中克己, 平尾努, 牧野俊朗, 松尾義博. 識別的半マルコフモデルによるテキスト結束性を考慮した単一文書要約. 情報処理学会論文誌, Vol. 57, No. 2, pp. 769-782, 2016年2月. 情報処理学会 2015年度論文誌特選論文
  3. 西川仁. 自動要約における誤り分析の枠組み. 自然言語処理, Vol. 23, No. 1, pp. 3-36, 2016年1月. 言語処理学会 2016年度論文賞
  4. 西川仁, 平尾努, 牧野俊朗, 松尾義博, 松本裕治. 冗長性制約付きナップサック問題に基づく複数文書要約モデル. 自然言語処理. Vol. 20, No. 4, pp. 585-612, 2013年9月. 言語処理学会 2013年度最優秀論文賞
  5. 西川仁, 長谷川隆明, 松尾義博, 菊井玄一郎. 文の選択と順序付けを同時に行う評価文書要約モデル. 人工知能学会論文誌, Vol. 28, No. 1, pp. 88-99, 2013年1月.
  6. 今村賢治, 齋藤邦子, 貞光九月, 西川仁. 小規模誤りデータからの日本語学習者作文の助詞誤り訂正. 自然言語処理, Vol. 19, No. 5, pp. 381-400, 2012年12月. 言語処理学会 2012年度論文賞
  7. 長谷川隆明, 西川仁, 今村賢治, 菊井玄一郎, 奥村学. 携帯端末のためのWebページからの概要文生成. 人工知能学会論文誌, Vol. 25, No. 1, pp. 133-143, 2010年1月.

Domestic Conferences

  1. 山城颯太, 西川仁, 徳永健伸. 分散表現による格フレームの格要素の汎化を利用したニューラルゼロ照応解析. 第12回NLP若手の会シンポジウム, 2017年9月.
  2. 後藤大希, 西川仁, 徳永健伸. 空間配置課題における物体の向きを含む指示表現の解析. 言語処理学会第23回年次大会発表論文集, pp. 1089-1092, 2017年3月.
  3. 福永隼也, 西川仁, 徳永健伸, 横野光, 高橋哲朗. 対話における話題の抽出を目的とした発話クラスタリング. 言語処理学会第23回年次大会発表論文集, pp. 1022-1025, 2017年3月.
  4. 牧諒亮, 西川仁, 徳永健伸. 視線情報を用いた述語項構造解析モデルへの単語分散表現の導入. 言語処理学会第23回年次大会発表論文集, pp. 605-608, 2017年3月.
  5. 山城颯太, 西川仁, 徳永健伸. 分散表現による格フレームの格要素の汎化を利用したゼロ照応解析. 言語処理学会第23回年次大会発表論文集, pp. 206-209, 2017年3月.
  6. 牧諒亮, 西川仁, 徳永健伸. 視線情報を用いた日本語述語項構造解析モデルのパラメータ推定. 情報処理学会研究報告自然言語処理 (NL), Vol.2016-NL-229(8), pp. 1-8, 2016年12月.
  7. 後藤大希, 西川仁, 徳永健伸. 空間配置課題における命令表現の解析. 情報処理学会研究報告自然言語処理 (NL), Vol.2016-NL-229(7), pp. 1-7, 2016年12月.
  8. 牧諒亮, 西川仁, 徳永健伸. 視線情報を用いた日本語述語項構造解析モデルのパラメータ推定. 第11回NLP若手の会シンポジウム, 2016年8月.
  9. 後藤大希, 西川仁, 徳永健伸. 空間配置課題における物体の向きを含む指示表現の解析. 第11回NLP若手の会シンポジウム, 2016年8月.
  10. 牧諒亮, 西川仁, 徳永健伸. 視線情報を利用した日本語述語項構造解析. 言語処理学会第22回年次大会発表論文集, pp. 1065-1068, 2016年3月.
  11. Vu Ngoc Son, Hitoshi Nishikawa, and Takenobu Tokunaga. Summarizing Events using Twitter Updates. 言語処理学会第22回年次大会発表論文集, pp. 505-508, 2016年3月.
  12. 岩永朋樹, 西川仁, 徳永健伸. テキスト速報を用いた野球ダイジェストの自動生成. 言語処理学会第22回年次大会発表論文集, pp. 238-241, 2016年3月.
  13. 後藤大希, 西川仁, 徳永健伸. 空間配置課題に向けた ISO-Space の拡張. 言語処理学会第22回年次大会発表論文集, pp. 115-118, 2016年3月.
  14. 徳永健伸, 西川仁, 岩倉友哉, 湯上伸弘. 固有表現認識課題におけるアノテータの視線分析. 情報処理学会研究報告自然言語処理 (NL), 2015-NL-223(8), pp. 1-8, 2015年9月.
  15. 西川仁. オープンソース自動要約プログラム. 第10回NLP若手の会シンポジウム, 2015年9月.
  16. 西川仁, 貞光九月, 宮崎千明, 浅野久子, 牧野俊朗, 松尾義博. ウィキペディア記事に対する文書構造を利用したクエリ依存要約. 言語処理学会第21回年次大会発表論文集, pp. 589-592, 2015年3月.
  17. 興梠紗和, 木村昭悟, 藤代裕之, 西川仁. SNS上での拡散を誘発するwebニュース説明文の調査と自動選択. 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム. 2015年3月. 電子情報通信学会 データ工学研究専門委員会, 日本データベース学会, 情報処理学会 データベースシステム研究会 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第13回日本データベース学会年次大会) 優秀インタラクティブ賞
  18. 別所克人, 西川仁, 牧野俊朗, 松尾義博. 単語ベクトルを用いた文書要約の検討. 信学技報, Vol. 114, No. 32, LOIS2014-5, pp. 51-56, 2014年5月.
  19. 西川仁, 有田一穂, 田中克己, 平尾努, 牧野俊朗, 松尾義博. 識別的隠れ半マルコフモデルによるテキスト一貫性を考慮した単一文書要約. 言語処理学会第20回年次大会発表論文集, 2014年3月. 言語処理学会 第20回年次大会優秀発表賞
  20. 数原良彦, 戸田浩之, 西川仁, 鷲崎誠司. 整数計画法を用いたGPSログからの滞留点と訪問POIの同時推定. 情報処理学会第158回データベースシステム研究会, 2013年11月.
  21. 西川仁, 今村賢治, 別所克人, 牧野俊朗, 松尾義博. クエリ依存文短縮と見出し生成への応用.情報処理学会第214回自然言語処理研究会, 2013年11月.
  22. 今村賢治, 齋藤邦子, 貞光九月, 西川仁. 識別的系列変換を用いた日本語助詞誤りの訂正. 言語処理学会第18回年次大会予稿集, 2012年3月.
  23. 西川仁, 平尾努, 牧野俊朗, 松尾義博. ラグランジュ緩和による複数文書要約の高速求解. 言語処理学会第18回年次大会予稿集, pp. 1071-1074, 2012年3月.
  24. 西川仁, 牧野俊朗, 松尾義博. 転移学習による抽出型要約の精度向上. 情報処理学会研究報告自然言語処理(NL)2011-NL-204(8), pp. 1-7, 2011年11月.
  25. 東中竜一郎, 南泰浩, 西川仁, 堂坂浩二, 目黒豊美, 小橋川哲, 政瀧浩和, 吉岡理, 高橋敏, 菊井玄一郎. 共通状態と連結学習を用いたHMMによるコールセンタ対話の要約. 言語処理学会第17回年次大会予稿集, pp. 920-923, 2011年3月.
  26. 西川仁, 長谷川隆明, 松尾義博, 菊井玄一郎. 文外照応を含む文の検出による抽出型要約の品質向上. 言語処理学会第17回年次大会予稿集, pp. 216-219, 2011年3月.
  27. 西川仁, 長谷川隆明, 松尾義博, 菊井玄一郎. 文の内容性と連接性を目的関数とする複数の評価文書の要約. 言語処理学会第16回年次大会予稿集, pp. 39-42, 2010年3月.

Books & Book Chapters

  1. 西川仁. 自動要約. 人工知能学大事典, pp. 680-682, 2017年7月.

Invited Talks

  1. 西川仁. 自動要約のいまとこれから. 名古屋地区NLPセミナー, 2016年6月.
  2. Hitoshi Nishikawa. Combinatorial Perspective on Automatic Summarization. The 11th International Symposium on Natural Language Processing (SNLP), Feb. 2016.
  3. 西川仁. 企業での問題解決としての研究開発:自動要約を例として. お茶の水女子大学小林研究室・東京工業大学奥村・高村研究室合同研究会, 2014年11月.
  4. 西川仁. 自動要約における組み合わせ最適化. 自然言語処理と最適化, 2014年11月.
  5. 西川仁. 自動要約における組み合わせ最適化. 人工知能学会第91回人工知能基本問題研究会, 2013年11月.
  6. 西川仁. 自動要約技術の研究動向:これまでとこれから. 情報処理学会第213回自然言語処理研究会, 2013年9月.

Casual Talks

  1. 西川仁. 文書要約入門(中級編). 第3.5回データ構造と情報検索と言語処理勉強会 (DSIRNLP). 2012年11月.
  2. 西川仁. 文書要約入門. 第7回自然言語処理勉強会 (TokyoNLP). 2011年9月.
  3. 西川仁. 自然言語処理における argmax 操作. 第1回データ構造と情報検索と言語処理勉強会 (DSIRNLP). 2011年7月.
  4. 西川仁. FSNLP Ch.3 Linguistic Essentials. 第3回自然言語処理勉強会 (TokyoNLP). 2010年11月.

Others

  1. 海野裕也, 岡崎直観, 西川仁, 中澤敏明. NLP 若手の会. 人工知能, 32巻, 2号, pp. 266-267, 2017年3月.
  2. 西川仁. 自動要約の誤り分析. 情報処理, 57巻, 1号, pp. 26-27, 2015年12月.
  3. Kugatsu Sadamitsu, Jun Shimamura, Go Irie, Shuhei Tarashima, Taiga Yoshida, Ryuichiro Higashinaka, Hitoshi Nishikawa, Noboru Miyazaki, Yusuke Ijima, and Yukihiro Nakamura. Media Processing Technology for Achieving Hospitality in Information Search. NTT Technical Review Vol. 13, No. 4, pp. 1-11, Apr. 2015.
  4. 西川仁. Project Next Summarization: 自動要約タスクにおける誤り分析の枠組みの提案. 言語処理学会第21回年次大会ワークショップ「自然言語処理におけるエラー分析」発表論文集. 2015年3月.
  5. 貞光九月, 島村潤, 入江豪, 田良島周平, 吉田大我, 東中竜一郎, 西川仁, 宮崎昇, 井島勇祐, 中村幸博. 情報検索における“おもてなし”を実現するメディア処理技術. NTT技術ジャーナル, Vol. 27, No. 2, pp. 20-25, 2015.
  6. 西川仁. より現実的な自動要約に向けて. 言語処理学会第20回年次大会ワークショップ「自然言語処理の発展に向けた情報共有・討論」発表論文集, 2014年3月.
  7. 西川仁. ACL 2013 参加報告(その1). 言語処理学会ニュースレター, Vol. 20, No. 3, 2013.
  8. 西川仁. ACL 2013 参加報告. 第3回テキストマイニングシンポジウム, 2013年9月.
  9. 西川仁. ACL 2013 参加報告. ALAGIN&NLP若手の会合同シンポジウム, 2013年9月.

Patents

  1. 数原良彦, 戸田浩之, 西川仁, 鷲崎 誠司. 訪問POI推定装置. 特許第6126516号, 2017.
  2. 西川仁, 牧野俊朗, 松尾義博. 文書評価パラメータ調整装置、方法、及びプログラム. 特許第5836981号, 2015.
  3. 西川仁, 牧野俊朗, 松尾義博. 文書評価学習装置、文書評価装置、方法、及びプログラム. 特許第5807966号, 2015.
  4. 西川仁, 牧野俊朗, 松尾義博. テキスト要約装置、方法及びプログラム. 特許第5638503号, 2014.
  5. 今村賢治, 齋藤邦子, 貞光九月, 西川仁. 日本語助詞誤り訂正方法. 特許第5635025号, 2014.
  6. 西川仁, 牧野俊朗, 松尾義博. テキスト要約方法、装置、およびプログラム. 特許第5623369号, 2014.
  7. 西川仁, 平尾努, 牧野俊朗, 松尾義博. テキスト要約方法、装置、およびプログラム. 特許第5604465号, 2014.
  8. 東中竜一郎, 西川仁, 南泰浩, 小橋川哲, 堂坂浩二, 目黒豊美, 政瀧浩和, 吉岡理, 高橋敏, 菊井玄一郎. 文によって異なる単語重要度を用いて要約を行う要約装置. 特許第5562219号, 2014.
  9. 西川仁, 長谷川隆明, 松尾義博, 菊井玄一郎. テキスト要約方法、装置、およびプログラム. 特許第5538268号, 2014.
  10. 西川仁, 長谷川隆明. テキスト要約方法、装置、及びプログラム. 特許第5523929号, 2014.
  11. 長谷川隆明, 西川仁, 松尾義博, 菊井玄一郎. テキスト要約装置とその方法とプログラム. 特許第5438627号, 2013.
  12. 東中竜一郎, 南泰浩, 西川仁, 堂坂浩二, 目黒豊美, 高橋敏, 菊井玄一郎. 対話学習装置、要約装置、対話学習方法、要約方法、プログラム. 特許第5346327号, 2013.
  13. 西川仁, 長谷川隆明. テキスト要約方法、その装置およびプログラム. 特許第5273735号, 2013.
  14. 西川仁, 長谷川隆明. テキスト要約装置、テキスト要約方法及びテキスト要約プログラム. 特許第5235918号, 2013.
  15. 長谷川隆明, 西川仁, 今村賢治, 菊井玄一郎. テキスト要約装置、その方法およびプログラム. 特許第4942727号, 2012.
  16. 長谷川隆明, 西川仁. テキスト要約方法、その装置およびプログラム. 特許第4931958号, 2012.

Home